ケイ素が美肌に効果あり!簡単にケイ素を摂取する方法

ケイ素が美肌に効果あり!簡単にケイ素を摂取する方法

女性

 

ケイ素を摂取することで、肌のシワやたるみに効果があると言われています。

 

実際に私も水溶性ケイ素を摂取し初めてから1年以上経ちますが、当初に比べて明らかに肌にハリが出てきています。

 

 

友人からも「最近肌が若くなったよね!何か使ってるの?」と言われるほどになりました。

 

ケイ素について説明しましたが、一般的にあまり知られていない成分なので、イマイチ説明しにくいんですね。

 

 

そこで、ケイ素を友人に紹介するために「なぜケイ素が美肌に効果的なのか?」について調べたので紹介します。

 

肌の弾力に欠かせない!コラーゲンの生成を促す

 

肌に効果がある成分と言えば「コラーゲン」ですよね。お肌のハリや弾力に関わる「真皮」を構成する成分の約70%以上もコラーゲンで構成されているほど大切な成分なんですよ。

 

 

コラーゲンは年齢とともに減少しますが、その理由はケイ素が不足していることが原因だと言われています。

 

 

ケイ素はコラーゲンの生成に密接に関係していて、ケイ素もコラーゲン同様、20歳をピークに体内に溜めておくことができなくなってくるのです。

 

つまり、コラーゲンを生成するサポートをするケイ素が足りないから、コラーゲンが減少しているのです。

 

綺麗な肌になるためのケイ素の摂取方法

 

ケイ素の摂取方法は3つあります。

 

  • 食事から取り入れる
  • 水溶性ケイ素サプリを摂取する
  • ケイ素水を直接肌に吹き付ける

 

ビタミンやミネラルなどの五大栄養素や、一般的に知られている栄養素と違って、厚生労働省はケイ素の1日の推奨摂取量を発表していません。

 

これは、ケイ素が1日どのくらい必要なのか?判明してないからだと考えられています。

 

しかし、ケイ素1日の消費量は10〜40mgなので、それと同じか、それ以上摂ることがいいでしょうね。

 

食事から摂取する

 

ケイ素を多く含む食品は

 

  • 小麦・・・・・・・160mg
  • トウモロコシ・・20mg
  • じゃがいも・・・200mg
  • ひじき・・・・・・10mg

 

これらの食品があります。(100gあたりのケイ素含有量)

 

注目するべきは、じゃがいもに含まれるケイ素含有量の多さです。

 

じゃがいも100gと言えば、スーパーで普通に売られているサイズ1個分です。1日に消費するケイ素を摂取しようと思えば、じゃがいもを1日1/4個食べれば足りる計算になりますね。

 

水溶性ケイ素サプリを使用する

 

ケイ素を濃縮して水溶性ケイ素サプリとして販売されているものを使用する方法です。味噌汁やお茶、コーヒーなどに数滴ケイ素サプリを混ぜることで、簡単にケイ素を摂取できます。

 

ただ、味がとても特徴的で、入れ過ぎると苦味がでますので、初めのうちは一滴ず垂らしていくのがいいでしょう。

 

 

ケイ素水を直接肌に吹き付ける

 

ケイ素が濃縮された水溶性のサプリを水に溶かし、直接肌に吹き付けることが最も効率よく肌に吸収させることができます。

 

化粧水に溶かしたり、乳液に溶かして使用することで体の内と外からケイ素の恩恵を受けられますよ。

 

まとめ

 

ケイ素は、肌のハリや弾力に関わるコラーゲンの生成をサポートする効果があります。年齢と共に肌のコラーゲンが減少する理由もケイ素不足が原因かもしれません。

 

 

食事から摂取するのも良いですが、水溶性ケイ素サプリとして販売されているものを使うことで、毎日の食事からケイ素を簡単に摂取することができますよ。